2009年 ISO14001認証取得
2006年 全株式を阪急電鉄株式会社より川崎重工業株式会社に譲渡
2002年 アルナ工機鰍ェ解散し、輸送機用品部門がアルナ輸送機用品(株)として設立
2000年 ISO9001認証取得
養老工場ドア工場増設
1991年 養老工場にドア工場移設
1990年 スパイラルバランサー式下降窓を開発
1976年 新幹線車両に二重ガラス入りユニット窓を納入
1970年 社名をアルナ工機株式会社に変更
養老工場完成 窓枠製造部門を尼崎工場より移転
1964年 新幹線車両ハニカムドアを納入。
1961年 わが国初めてのハニカムパネル工場を建設
1954年 乗り物用アルミサッシの特許及び実用新案登録。乗り物用窓枠の素材革命として高く評価。
1953年 初めてアルミ窓を組み込んだ車両を納入
1947年 アルナ工機の前身であるナニワ工機(株)が京阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)により兵庫県尼崎市に設立